北陸3県のマラソン大会を走ろう
レースガイド:コース地図と写真集

北陸のマラソン大会を楽しもう。 【参考】北陸3県のマラソン大会写真集
@石川・富山・福井県で開催される(フル)マラソン大会を紹介します。=県別・開催月順=
大会名 開催地 開催時期 制限時間 定員 紹介記事
能登和倉マラソン(2009年:新設) 石川県七尾市 3月 7時間 5000 大会写真集
加賀温泉郷マラソン(2004年:フル新設)
 ※2014年大会は中止(再開は未定)
石川県加賀市 4月中旬 6時間 4000 大会写真集
マラソンに挑戦する会 石川県金沢市 9月下旬 約6時間 800 大会写真集
金沢マラソン(2015年:新設) 石川県金沢市 2015.11.15  7時間   コース案
とやま清流マラソン 富山県富山市 5月中旬 7時間 1000 大会写真集
黒部名水ロードレース(2014年:フル新設) 富山県黒部市 2014年5月   3500  
富山マラソン(2015年:新設) 富山県 2015年11月      
チャレンジ九頭龍フルマラソン(中止) 福井県永平寺町 11月中旬 6時間 800 大会写真集
A大会資料を用意しました。
 マラソン(42.195km)に挑戦しよう。最初は時間制限のゆるいところから参加し、自分の脚力を確かめながら、近郊の大会に参加すると、気持ちにも体力的にも負担が軽いものです。
 北陸で開催されている5大会を取材ランしました。それぞれに特徴のある大会です。写真集でコースやエイドの様子を確認することができます。参考にしてください。(2009/03更新)
 2015年の北陸新幹線開業に合わせて、(フル)マラソンの新設が企画されている。公表された大会を一覧表に取り込んでみました。身近な大会を目標に、練習に取り組みましょう。
【お断り】このページは編集長が大会に参加したうえで、紹介しているものです。近年、マラソン大会の新設やコース変更が続いて、掲載資料が最新情報とくい違ってきました。記事更新まで、各大会のWEBサイトなどで、確認してください。

【お知らせ】金沢マラソン情報=2012/08=
金沢マラソンは、2015年開催予定で準備がすすめられています。
2012年8月、金沢シティマラソン第2回検討委員会からコース案が発表されました。早速、試走用の地図を作成してみました。参加者は1万人規模を予定。途中に狭い道もあるので、さらに検討されるようです。
【参考】金沢シティフルマラソン:コース案(2012.8.10発表)
【お知らせ】おとなり富山県でも(フル)マラソン新設の動き
富山マラソン情報
=2013/07=
北陸新幹線の開通を機に、富山県でも(フル)マラソンの開催を計画している。コースは高岡駅から富山市へのルートを検討中。
黒部名水ロードレースでフルの部新設
2014年大会からハーフの部をフルマソンに組替える。2013年10月に概要を決定し、12月以降からエントリーを開始する予定。→2014年5月25日。
○北陸で春・秋のマラソン大会が集中することとなる。地元ランナーはどう動くか?


■11月:金沢マラソン ●案内記事:コース関連記事
金沢マラソンは、2015年11月15日開催予定で準備がすすめられています。
【参考】金沢シティフルマラソン:コース案(2012.8.10発表)
【大会WEBサイト】金沢マラソン

■ 3月:能登和倉マラソン ●案内記事:大会写真集
 2009年に新設された大会。
【コース詳細】 写真集目次 → 能登和倉マラソン2009年大会 のページに掲載。

■ 4月:全国健勝マラソン加賀温泉郷大会 ●案内記事:大会写真集
※2013/03メモ:2013年大会から加賀温泉郷マラソンに呼称変更。新コース
※2013/11メモ:2014年大会は、募集開始後、中止となりました。再開は未定。
【2012年大会までのコース】
GPS時計で記録した走行ルート図 コース図(第2関門周辺)
マラソンコース:2004年大会からマラソンの部が新設された。北陸の4大会のなかで唯一、公道を走る。コースの半分が丘陵地のためクロスカントリーなみのアップダウンが続く。時間制限は5時間だが、32km地点の関門がきついので4時間半の走力が必要。
【コース詳細】写真集:2004年大会のページに、2004年〜2012年のコース地図を収録しています。
全国健勝マラソン加賀温泉郷大会写真集目次 → 2004年大会 → 資料編
【関門対策】第2関門は31.7kmで3時間30分の設定です。
 この大会の制限時間は5時間ですがこれをイーブンペース7分/kmで走ったのでは、この関門にかかります。単純計算では6分37秒/kmで30秒/kmのペースアップが必要です。
 丘陵地のタフなコースです。前半を6分/kmのペースで走って、後半に備えることが大切です。
※2009/03メモ:2009年、和倉マラソンが加わり北陸で5大会、公道を使った大会は2となった。
※2012/03メモ:2012年大会から制限時間が6時間となった。kaga2013_course.gif

■ 5月:マラソンに挑戦する会 ●案内記事:マラソンに挑戦する会
※2012/05メモ:2012年大会から、9月開催となった。
マラソンコース:大会名とおりのマラソンの入門大会。大豆田大橋を起点に犀川緑地公園(右岸)のコースの内、上流へ1km、下流へ4km、合計5km(往復10km)の区間を4往復し、2.195kmをプラスする。途中、7回も大会本部の前を通過するので、体調によって距離を短かくすることもできる。5・10・20・30kmの部も同時スタートし、一緒に走るのが特徴。
 紹介している4大会のなかで、一番起伏の少ない走りやすいコース。犀川に架る橋や周辺の建物などの変化が楽しめ、4往復の飽きを感じさせないのは都市河川敷だからでしょう。

■ 5月:とやま清流マラソン ●案内記事:大会写真集
富山清流マラソン:コース地図
マラソンコース:富山県で唯一の大会。河川敷を利用したコースだが、桜並木の周回など変化を持たせたコース設定。
制限時間:2006年大会は6時間。2007年大会から7時間となっています。
※2013/09メモ:富山県にマラソン大会が2つ加わることになった。
 ・黒部名水ロードレース(2014年5月:フル新設)
 ・富山マラソン(2015年11月:新設)

■ 5月:黒部名水マラソン
2014年大会からハーフの部をフルマソンに組替える。2013年10月に概要を決定し、12月以降からエントリーを開始する予定。→第1回は、2014年5月25日。
【大会WEBサイト】カーター記念黒部名水マラソン

■11月:チャレンジ九頭龍フルマラソン ●案内記事:九頭龍フルマラソンコース図
九頭龍マラソン:コース地図
マラソンコース:九頭竜川サイクリングロードを2往復(日本陸連公認コース)する。4大会のうち気温も下がった晩秋に開催されるのがこの大会。好天に恵まれると爽やかなランニングを楽しめる。起伏も河川敷と堤防の上り下りだけなので、記録にも挑戦できる。
※2010/10メモ:大会は中止となり、福井県内のフルマラソンはなくなった。

北陸のマラソン大会:参加費 【編集長メモ】2013/11更新
大会名 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
(金沢市)マラソンに挑戦する会 3,000 3,000 3,000 3,000 3,000 3,000 3,000 3,000 3,000 3,000  
(加賀市)加賀健勝マラソン 3,000 3,500 3,500 3,500 3,500 3,500 3,500 3,500 4,000 6,000 中止
(七尾市)能登和倉マラソン 5,000 5,000 5,000 5,000 6,000 6,000
(富山県)とやま清流マラソン 4,000 4,000 4,000 4,000 4,000 4,000 4,000 5,000 5,000 5,000 5,000
(富山県)黒部名水マラソン                   7,000
(福井県)九頭龍フルマラソン 3,000 3,000 3,000 3,000 3,000 中止        
 北陸3県のマラソン種目の参加料の推移です。
 新聞社系の大会が割高になっています。

【編集長メモ】2006/06掲載…2007/05更新。
 各地で開催されるマラソン大会は、ハーフマラソンが主体のものが多い。21.1kmはランニングを楽しむには適当な距離です。私もランニングを始めた時期はハーフを楽しめる走力を維持したいと、練習してきました。初マラソンをホノルルで挑戦してからフルマラソンの大会にも目がいくようになりました。一番の問題点は制限時間です。幸い北陸3県では河川敷を使ったコースが3大会あり、制限時間も6〜7時間と挑戦できない時間ではありません。
 フルマラソンを走って見たい。。そういう初心者向けにコースの案内資料をまとめてみました。写真集でコースやエイドステーションの様子を確認できます。初めての参加でも、こうした情報を入手することで、不安を解消できます。
【注】制限時間の緩和
@とやま清流マラソンの制限時間:2006年大会は6時間、2007年大会以降は7時間です。
A全国健勝マラソン加賀温泉郷大会:2004年大会から5時間、2012年大会は6時間。

【編集長メモ】2009/03掲載
能登和倉マラソンが新設され、第1回大会が2009/03/08に開催されました。2000人を越すエントリーで、北陸では一番ビッグな大会となりました。好天に恵まれた写真集をお楽しみください。
HOME写真特集北陸3県のマラソン大会写真集大会ガイド

Copyright 2004-2014 kanazawa-runners.com