健康体力づくり講座開催案内
ランニング・ライフをはぐくむ情報活動

健康ランニングに関心のある方。どなたでも参加できます。 掲載:2018/09/25
更新:20__/__/__

健康体力づくり講座(第65回)の開催案内
日 時: 2018年 10月8日(月/祝) 13:00〜15:30
会 場: 小立野・経王寺
住所:小立野5-9-2 ※駐車場はありません。
タイトル: 東京オリンピック1964を作った男 大島鎌吉さんに学ぶ会
講座趣旨: スポーツ界で偉大な功績を残した郷土出身の大島鎌吉氏のスポーツ文化業績を学ぶ。それにより、スポーツ文化のあるべき姿、およびスポーツを通じたより良い青少年 育成のあり方について考える 
講演: ○「大島鎌吉『日鎌 居士』に訊 き く」=関西大学名誉教授 伴 義孝 氏( 30分)
○「一人の若者として見た『大島鎌吉と東京1964オリンピック』」 
 =元農業経営高等学校長 小野 健一氏(15分) 
○「『スポーツと平和』に貢献した大島鎌吉 」 
 =日本体育大学名誉教授 森川貞夫氏(15分)
座談会: 学んだことなどを気楽に語り合う会とします。(70分)
講演・座談会=詳細内容別紙(PDF)
定 員: 50名程度
主 催: 大島鎌吉さんに学ぶ会 
共 催: 金沢中央走ろう会・石川県走ろう会連絡協議会
連絡事項: 参加費は、1000円
申し込み 問い合せ
金沢中央走ろう会代表 野村泰裕(090-2832-8911)
Email=nomuy@gamma.ocn.ne.jp

大島鎌吉(1908年11月10日-1985年3月30日)

石川県金沢市出身。関西大学卒業。 陸上競技選手。
ロサンゼルスオリンピック銅メダリスト。元三段跳世界記録保持者。元大阪体育大学副学長、大阪体育大学名誉教授。日本オリンピック委員会名誉委員。

幼少時から天賦の才能を発揮し、俊足で鳴らした。1932年、ロサンゼルスオリンピック陸上男子三段跳に出場。金メダル獲得が期待されたが、風呂で大やけどを負う最悪のコンディションに持ち前の地力を発揮し、15m12cmを飛んで銅メダルを獲得した。1936年のベルリンオリンピックでも有望視されたが、15m07cmで6位入賞。 
大学卒業後は毎日新聞社へ入社、運動部記者として活躍。定年退職後は大阪体育大学副学長に就任、のちに大阪体育大学名誉教授。陸上界きっての理論派として知られ、ドイツ語が堪能で、訳書も多い。 
引退後は指導者としても力を発揮し、最新鋭のトレーニングをいち早く取り入れるなど、日本陸上界の近代化に大きな役割を果たした。1964年の東京オリンピックでは、強化本部長、選手団団長を務めた。


HOME健康体力づくり講座

Copyright 2004-2018 kanazawa-runners.com