走快:ワールド・ハーモニー・ラン2006 金沢中央走ろう会/編集長レポート

WORLD HARMONY RUN 2006
2006.07.27〜28
『ワールドハーモニー・ラン』が日本に周ってきました。北陸では7月27〜28日。魚津市役所〜石川県庁〜福井市役所の間をトーチ・リレーします。
 このうち石川県内では金沢周辺の区間を金沢中央走ろう会などが参加協力しました。
=写真マラソン2006=
速報掲載:2006/07/28
トーチとタスキをリレーして世界を周ります。
大会趣旨・コースなどは、WEB:ワールドハーモニー・ランから閲覧できます。

梅雨の合間、ワールド・ハーモニー・ランが金沢に周ってきました。

0409(07:56)_第1走者とスタッフの記念撮影。右端は天野会長。石川県庁正面。

大会の様子を紹介します。
0395(07:50)_県スポーツ振興課長による激励の挨拶。 0403(07:55)_トーチが手渡されます。
0411(07:56)スタートの合図を待ちます。 県庁正面からスタートします。
0419(07:59)取材クルーも一緒に走ります。
0431(08:36)朝のラッシュアワーの横を走ります。 中継ポイントに到着。
コースと中継ポイント
 7月28日のコースは、石川県庁をスタートして、野々市駅〜能美市役所〜小松駅口〜粟津駅前〜熊坂を経て福井県に入ります。
 最初の中継点は、古府交差点。ここで第1走者の西田さん(高齢者JC)から村中さん(金沢レディース)にトーチとタスキを渡します。


0434(08:39)バトンタッチ
0437(08:41)第2グループは金沢レディースのみなさん。
第1グループの健脚組みも伴走します。
ランナーへのプレゼントが用意されていました。
そこにはこんなメッセージが付けられています。
【写真の番号表示】005(09:25)=写真整理番号(時刻)

編集長レポート
ワールド・ハーモニー・ランを写真取材しました。
取材中の編集長です。 ワールドハーモニー・ランは、『人類はひとつである』という理想への願いを象徴する聖火を掲げて、国境を越えた友情を育み、真に一体感を持とうという世界規模のトーチ・リレーです。
 7月9日の例会で参加協力の案内をしました。金沢周辺区間は、金沢中央走ろう会・高齢者JC・金沢レディース・金沢ランニングなどいつものメンバーが参加することになりました。他の区間は、走ろう会連絡協議会の参加チームが担当します。
 世界を周る大会を取材しようと、早朝から出かけました。NHK・地元テレビ局・新聞社の取材クルーも詰めかけています。
 大会事務局の石川県区間の担当は金沢大学に留学中のカレルさん。珍しいランニング大会の来県に、取材陣に取り囲まれています。
 出発式は天野会長の司会で、石川県スポーツ振興課長の激励挨拶。出発前の記念撮影と取材などが行われました。 
 さて、今日の第1区間は県庁〜古府交差点までの3.7km。そして第1走者は、高齢者JCの西田秋英さん(85歳)です。途中でペースダウンもありましたが、元気に中継点到着。
 第2グループは金沢レディースの村中さんがトーチを持ちます。
 次の中継点は野々市駅ですが、編集長の取材は、ここで終了です。次の区間では金沢中央走ろう会のメンバーがトーチを持つ予定になっています。
 石川県の参加者は、20数名が登録されたようです。飛び入り歓迎の大会でもあり、取材時点では参加者数を確認できません。
 このリレー大会には事務局の伴走車が案内や給水などのサポートに当っています。中央走ろう会では、27〜28日の担当区間で伴走車を配し、天野会長も乗っての応援とランナーの回収・移動にあたっています。
大会の石川県担当:カレルさんは取材攻め 共同取材中?

前日の最終ランナーは金沢中央走ろう会の2名でした。
 前日(27日)は、魚津市役所〜石川県庁間をトーチ・リレーしました。最終区間(南新保交差点〜石川県庁)のランナーは金沢中央走ろう会の山崎貢さんと本郷美智子さんの2人です。
27日の最終ランナーは山崎貢さんと本郷美智子さん 今日のフィニッシュは県庁前
日本でのワールドハーモニー・ラン
期間
 2006年7月22日(土)〜8月13日(日)
コース
 東京〜埼玉〜群馬〜長野〜新潟〜富山
 〜石川〜福井〜滋賀〜京都〜兵庫〜香川
 〜高知〜愛媛〜広島〜山口〜福岡〜佐賀
 〜長崎
ワールド・ハーモニー・ランの趣旨や
周回コース詳細はWEBをご覧下さい。

ワールドハーモニー・ラン

編集長レポート:写真マラソンシリーズをお楽しみください。
 編集長が走りながら撮影した大会写真集。石川県内を中心に、沢山の写真で紹介します。
HOME写真特集

Copyright Kanazawa-runners.com 2004-2007