走快あらかると:トピックス2006 金沢中央走ろう会/編集長レポート

天野代表、日本スポーツグランプリを受賞
第1回日本スポーツグランプリの表彰式が兵庫国体(2006/09/30〜10/10)の初日に行われました。表彰者は7名で、長年にわたりスポーツを実践するとともに、広く国民に感動や勇気を与え、顕著な功績をあげられた中高年齢層の個人又はグループに対して授与されます。
日本スポーツグランプリの記念盾
日本スポーツグランプリの記念盾 健康ランニング大会で開会挨拶する天野代表:2006.10.09

【天野耕兵衛さんの功績】=日本体育協会HPより=
学生時代には剣道に打ち込み、社会人ではハンドボール競技を継続実施してきた。50歳からランニングのトレーニングを開始し、以来35年間、ランニングを継続実践している。「ホノルルマラソン」には、昭和55年から現在まで24年間連続参加し、毎年、活躍を続けている。
【編集長メモ:2006/10/09】
表彰状と記念盾を紹介します。
天野代表の慶びを会員や大会参加の皆さんとお祝いしたいと思います。
【参考1】天野代表の紹介とホノルルマラソン参加記録
 ○走り始めて35年:タートル(海亀)ランに徹して−80歳代のランニング
 ○ホノルルマラソン参加記録(1981〜2004年)
 ○1981年第9回大会参加記録『市民ランナーが主役〜ホノルルマラソンを走る』
【参考2】顕彰対象:「日本スポーツグランプリ」顕彰規程より抜粋
長年にわたるスポーツ実践者で、現在も活動を継続し、当該スポーツにおいて、中高年齢層の顕著な記録や実績を挙げ、国内外において高い評価を得た下記に該当する個人又はグループ。
ただし、原則として、オリンピック競技大会、各競技別世界選手権大会等に出場経験のある者を除く。
(1) 当該スポーツを長年にわたり実践している個人又はグループ
(2) 当該年齢層において世界記録等を樹立した個人又はグループ
(3) 当該スポーツにおいて顕著な実績を挙げた個人又はグループ

HOME写真特集走快あらかると

Copyright 2004-2014 kanazawa-runners.com