ランニング前後のストレッチング

確かめよう体力、伸ばそう走力

ランニング前後のストレッチング
 ランニング前後のストレッチは、故障を防ぐ、とても大切なものです。
 ジョギング教室で使用する資料を紹介します。これを参考に習慣つけてください。
【注】近年、運動開始前の強いストレッチによる筋肉の伸ばしすぎは、パフォーマンスが低下するといわれています。運動前は軽い動的ストレッチがお勧めです。指導者によく学ぶことも大切です。 

動的ストレッチ
ランナーズ誌で紹介された動的ストレッチ=2005=股関節と肩甲骨を重点に行う
【編集長メモ】
 私は、スロージョグを取り入れてから、ラン前にストレッチをしていません。スロージョグ自体が準備運動です。最初の2kmの間、信号待ちなどに合わせて、肩甲骨・股関節に刺激を入れる感覚で動的ストレッチを組み込んでいます。体幹強化の練習は別メニューとしています。

市民ジョギング教室 資料
【参考】2000年の市民ジョグ教室で紹介されたストレッチ
【編集長メモ】
 私は2000年1月〜3月の講座に参加しました。初心者の方がほとんど、年齢層も幅があります。
 3ヶ月の練習メニューを提示され、それに従って進めていきます。その中にストレッチの手順図があり、それをシッカリ行うよう指導されました。
 ストレッチには各種の指導書を入手できます。自分にあったものを手元におくと良いでしょう。
健康体力づくり講座市民ジョギング教室

Copyright 2004-2006 kanazawa-runners.com