金沢マラソン=各大会の写真集をお楽しみください。
写真集金沢M2015金沢M2016金沢M2017金沢M2018金沢M2019金沢M2021

編集長の撮影マラソンの紹介記事=金沢マラソン関連
金沢マラソン2015大会(新聞)2017大会(新聞)2019大会(新聞)ラン×スマ(TV)

金沢マラソン2017【NHK・TV=ランxスマ】
NHK-TV番組【ランxスマ】金沢マラソン特集で、編集長の撮影マラソンが紹介されました。
NHK=ラン×スマ〜街の風になれ〜金沢マラソン特集 【画像を拡大できます】
「ラン×スマ」の「スマ」は、スマイルのスマ。“走る楽しさ”を伝えるランニング情報番組。
全国各地の市民マラソンに参加する“旅ラン”、笑顔で走るためのワンポイント講座など、走る人にも、これから走りたい人にも、役立つ情報を発信。2012年4月からレギュラー放送開始。
 私は、2004年のWEBサイト開設以来、ランニングシーンの笑顔をテーマに撮影してきました。カメラを持って走ることで、ランナー、ボランティア、応援の皆さんと声を掛け合って楽しむことができます。地元開催の金沢マラソンはテンションも上がります。2015・2016年大会での撮影は毎回900枚を越すものでした。金沢(街)の風は、笑顔なのです。
 そんな趣味を持つランナーがランxスマ番組の目にとまったのでしょう。金沢マラソンの特集番組で取材されることになりました。
2017年9月末、NHK・TV=ランXスマ の取材をうけました。
 NHK-TVのランニング番組『ランXスマ』。金沢マラソン2017が年末の番組で紹介されます。
 9月末、番組ディレクター2名の取材を受けました。カメラを持ってマラソン大会を撮影しつづける編集長に興味を持たれたようです。
 大会事務局の打ち合わせやコース下見などを済ませた、夕方7時からが私への取材タイム。場所は我が家。資料類、パソコンと大型モニターを準備します。
 走り始めの動機は。初マラソンは。走り続ける理由は。カメラはいつから撮り始めたのか。若い時から走っていたのか。他のスポーツは。練習は。など型通りの質問があって、本題に入ります。
 マラソン大会撮影のきっかけとなったホノルルマラソンの写真集をお見せします。A4判に印刷したアルバム5冊分。貸し出し用にアルミケースに入れてあります。この写真はトリミング無しのものです。走る楽しさ・ランナーとボランティアとの交流など。初回からシッカリ撮影していることが理解できます。
 続いて『金沢マラソン2016大会写真集』。大型モニターに粗筋的に写します。撮影枚数は967枚。主なものでも700枚。これをすべて見てもらう時間はありません。
 撮影スポットを重点に紹介しました。金沢らしさがどうしても主題になります。撮影位置などもアドバイス。白山を撮影するとしたらどこが良いかなども、付け足します。
 写真集を見たディレクター氏の感想=金沢マラソン42.195kmをシッカリ走らせていただきました。お世辞にしても、ランニング番組の制作者。写真集のお墨付きです。
○大会当日のインタビュー撮影は7時から。
 1週間前、7時から撮影したいとの連絡。待ち合わせ場所を決めます。
 当日、ディレクターからカメラマンを紹介されます。取材は30分。
○編集経過など。
 今回の取材映像と私が撮影した作品2枚を使うとの連絡が入る。オリジナル画像を送ります。

NHK-TV番組【ランxスマ】金沢マラソン特集。編集長の登場部分です。【画像を拡大できます】
【9月末】事前取材2時間。
【当日】
TV取材は7:00から。撮影時間は30分。
【放映=2017/12/09=50分番組
 短いワンカットシーンです。取材内容を紹介します。
 バックに映っているのは、撮影した作品です。
ランxスマ=金沢マラソン編。短いシーンに制作スタッフの作りこみを感じた。
 今回の画面は、登場人物に話をさせながら、キャプションを入れて短時間に紹介する手法だ。
【キャプション】・石川県・金沢市 走歴15年
 →(一眼レフ)カメラを持って走る → ランナーにも
 → ボランティアのみなさんにも撮りますよ〜と声をかける
 → カメラを向けると笑顔が返ってくる
 → マラソンで写真を撮るのにはまった
【画面にMCの表情を挿入】 金哲彦さん→ 秋元才加さん
【バックに写真を挿入】 ランナーとボランティアの笑顔(2枚)
これはパッと目には理解しずらい。2回目に見るとなるほどとなる。

金沢マラソン2017。3回目は雨模様。金沢の風(笑顔)を感じながら走ります。
一眼レフカメラを防水ケースにいれて撮影中の編集長=犀川大橋=
○NHK・TV【ランxスマ】のインタビューから始まる。
 6時45分、MTB(自転車)でスタート会場近くの駐輪場へ。前2回は7時半頃会場入りしたが、今回は7時の待ち合せでTV【ランxスマ】の取材を受ける。取材は30分。撮影取材する方がされる立場になると勝手が違う。取材を済ませ、会場の撮影を始めたいが何かしら気合が入らない。今日の最初の笑顔は、カメラマンのHさんだ。
○今回のテーマも【笑顔】だ。
 金沢マラソンの写真集をWEB掲載している。これがきっかけで、9月末にランxスマの事前取材を受けた。大会直前、C新聞の大会応援記事で、写真集がランナーの情報収集に役立つことを紹介していただいた。
 TV・新聞の相次ぐ取材で、私の15年にわたる撮影ランについて説明した。これは自分を振り返る機会ともなった。自分はなぜカメラを持って走るのだろう。その楽しさの原点は、ランナーだけでなく、ボランティアや応援する人たち、マラソン大会で共有する笑顔だ。それは初マラソンのホノルルの風だった。金沢マラソンにも、同じものを感じる。42kmに挑戦するランナーだけでなく、ボランティアや応援の皆さんを、ランナー自身がカメラをツールに応援する。これがマラソンの風を感じながら走る私の楽しみ方なのだ。
NHK-TV番組【ランxスマ】
BS放送=ラン×スマ〜街の風になれ〜 →【WEBサイト】2020/10_ランスマ倶楽部に更新。 

編集長の撮影マラソンの紹介記事=金沢マラソン関連
金沢マラソン2015大会(新聞)2017大会(新聞)2019大会(新聞)ラン×スマ(TV)

金沢マラソン:写真集

Copyright Kanazawa-runners.com 2015-2020|Photo Album